今日はどんなワインを!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」⑦

「カルメネール」 カルメネールとはチリで花開いた渋みとコクのある力強いワインです。 原産地のフランスボルドーでは今はほとんど栽培されていません。 カルメネールというブドウの品種の由来となった「深紅」という色の濃さを持っている。 味わいは濃密な…

今日はどんなワインを!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」⑥

「ピノ・ノワール」 ピノ・ノワールは黒ブドウ品種の中でも最も魅力的な品種の一つです。 カベルネソーヴイニヨンよりも冷涼な気候で栽培され、ブルゴーニュ地方の銘酒ロマネ・コンティを生むことで知られる品種です。 ピノ・ノワールは軽いタイプのものから…

今日はどんなワインを!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」⑤

フランスと並ぶワイン大国イタリアのワイン ☆ミルーナ (赤辛口) ミディアムボディ 原産地 イタリア アルコール度 12% 品種 プリミティヴォ、ネグロアマーロ、マルヴァジーア・ネーラ 南イタリア特有の豊満な果実味とふくよかな甘みがあるワイン。 アタ…

今日はどんなワインを!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」④

☆ムレダ ティント 原産地 スペイン アルコール度 12.5% 品種 テンプラニーリョ85% カベルネソーヴィニヨン15% ブドウ品種のテンプラニーリョは、スペインのリオハ地方原産と推察される品種で、早熟の意味です。 短かい成長期間でティントフィノと…

今日はどんなワインを!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」③

人にやさしく自然派ワインーオーガニック(有機栽培) ☆ロベティア テンプラニーリョ 生産地 スペイン (赤ワイン)ライトボディ アルコール度 13%~14% ブドウ品種 テンプラニーリョ テンプラニーリョは、スペインの貴婦人とも呼ばれる品種で、フラン…

今日はどんなワイン!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」②

☆レ・プティット・ジャメルルージュ 生産地 フランス 赤ワイン アルコール度 13% このワインは、グルナッシュと呼ばれるフランスのブドウの品種です。 原産地はスペインのフランス国境に近いアラゴン州。 レ・ジャルメは、国際的コンクールや世界中のワイ…

今日はどんなワイン!「1,000円以内で愉しむワイン選びの知識」

世界中で数え切れないほどワインがありますが、ブドウの品種や国や地域によって、色・香・味わいが異なるワインになります。 この色(濃淡)・香り(アロマ)・味わい(酸味、渋みなど)の3つは、ワインの特徴を感じる最も重要なポイントになります。 この…

吉田松陰を祀る東京の「松陰神社」へ

松陰神社は、東京都世田谷区と山口県萩市にある神社です。 松陰神社は、幕末に活躍した吉田松陰の墓の東側に明治15年に門下生の人々によって社殿を建てたのが神社の始まりとされています。 松陰神社は、東急世田谷線松陰神社前駅下車徒歩約5分のところに…

しまなみ海道「因島」悲しい伝説と女性のパワースポット「地蔵鼻」

しまなみ海道尾道市因島三庄町の造船所の先の岬に「地蔵鼻」があります。 恋愛成就、子授け、安産祈願のご利益があるといわれています。 地蔵鼻には、不思議な伝説が残っています。 昔々に琴の修行のため、船で都に向かう娘が関所破りの罪で捕らえられました…

しまなみ海道「祈りの宮 大山神社」と自転車の神様

しまなみ海道の因島北ICを降りて約10分、因島土生町に大山神社があります。 バスでは、因島総合支所前下車徒歩約10分。 大山神社は、瀬戸内で最も大きい建築の神様です。 主祭神は、大山積大神で中世には因島村上水軍の守護神として崇敬されました。 …

しまなみ海道「因島」の白滝山と五百羅漢でやすらぎの絶景

瀬戸内海に浮かぶ、しまなみ海道の尾道市因島は、造船と除虫菊(蚊取線香の材料)、因島村上水軍の本拠地として有名な島です。昔の造船(日立造船)がはなやかな時は、因島市として一つの島が市になっていました。 因島には、美味しい海の幸はもちろんのこと…

絶景を楽しみながらウオーキング「瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ」

瀬戸内海の多島美を楽しめる「第17回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ」が10月13日(金)~15日(日)に開催されます。 絶景の観光スポットやご当地グルメの尾道ラーメン、広島のお好み焼きとは、また一味違う島のお好み焼きなど、美味しいものも沢山あり…

国宝「岩清水八幡宮」で森林浴を楽しむ②

高良社に参拝した後、二ノ鳥居をくぐり表参道を進むと、途中に松花堂跡や岩清水井・岩清水社があります。 参道を歩いていくと、9月も中頃だというのにこの地では、いまだに蝉の鳴き声が聞こえてきます。 松花堂跡は、「松花堂弁当」の名前の由来となった岩清…

国宝「岩清水八幡宮」で森林浴を楽しむ

岩清水八幡宮は、平成28年2月9日国宝に指定されました。 アクセス 京阪電車「八幡市駅」下車 ケーブル利用徒歩約5分 または表参道・裏参道から徒歩約30分 JR・近鉄「京都駅」から近鉄電車「丹波橋駅」またはJR「東福寺駅」にて京阪電車に乗り換え(京…

ライオン橋から中之島公園バラ園、そしてフランス料理を舌鼓  

難波橋(ライオン橋)は京阪電車「北浜駅」下車徒歩1分 ライオン橋は、大阪市の大川に架かる橋です。 中之島を挟んで土佐堀川と堂島川の二つの川を渡る全長約190mの橋です。 橋詰の4箇所に阿(あ)吽(うん)のそれぞれ2体の石造りのライオン像が橋を護っ…

女性の守り神「市比賣神社」のご利益

「市比賣神社」の御祭神は、多紀理比賣之命(たぎつひめのみこと)、市寸嶋比賣之命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比賣之命(たぎつひめのみこと)、神大市比賣之命(かみおおいちひめのみこと)、下光比賣之命(したてるひめのみこと)の五柱で、全て…

秀吉を祀る「豊国神社」と豊臣家滅亡の因となった「方広寺の釣鐘」

京阪電車「七条駅」を下車して徒歩約10分、有名な三十三間堂の北側に「豊国神社」があります。 豊国神社は、豊臣秀吉を祀る神社です。あまり観光客に知られていないのか、静かな所でした。 豊臣家が滅亡した後、徳川幕府の命令により廃祀され、のちに明治天…

日本サッカーのシンボル「八咫烏」(やたがらす)と「能」発祥の地「新熊野神社」

JR奈良線・京阪電車「東福寺」駅を下車し、約15分ほど北に行くと「新熊野神社」が位置しています。 「新熊野」と書いて「いまくまの」と呼びます。 この神社は、後白河上皇が平清盛に命じ、熊野の神を勧請した神社です。 境内の大樟は、熊野より移植した後…

青もみじの「東福寺」でマイナスイオンを満喫

京阪電車「東福寺」下車して約5分歩くと、「退耕庵」というお寺がありました。 このお寺は、明治維新伏見の戦いの防長殉難者の菩提所でした。 また小野小町ゆかりの「玉章(たまずさ)」の名で知られています。 退耕庵から約3分ほど歩くと、東福寺の塔頭で…

京都で最も歴史ある神社「上賀茂神社」(加茂別雷神社)と紫式部

上賀茂神社は京都の北区に位置し、そばを鴨川が流れています。 (高野川) 正式名称は、賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)といいます。 雷とあるので、雷神様を祀る神社かと思ってしまいますが、そうでなく「雷を分けるほど、大きな力を持つ神様」と…

滋賀の名店「そば処藤村」と国宝・彦根城

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の井伊家ゆかりの地、彦根城に行ってきました。 彦根城に行く前に、蕎麦の有名店「そば処藤村」に寄ってみました。 そば処藤村は、石臼自家製粉手打ち蕎麦です。楽しみです。 名神八日市ICから約20分の、田園風景溢れる場所…

鷺森神社の「八重垣」縁結びの石、宮本武蔵と縁がある「八大神社」と詩仙堂

鷺森神社は、叡山電車「修学院駅」下車 東山方面へ徒歩約7分程の所にあります。 参道が長く続き、春には桜、秋には紅葉が素晴らしい穴場のスポットです。 境内には、触れると夫婦和合や良縁が授かるといわれる「八重垣」の石があります。 お祈り方法は、石に…

秋の武田薬品工業㈱「京都薬用植物園」の見学申し込みについて

京都修学院から曼殊院参道を山側に上って行くと、武田薬品工業の京都薬用植物園の広大な敷地がありました。 薬用植物を中心に、約2,800種の植物を栽培しており、「生きた薬草の博物館」となっています。 園内は、6エリアになっています。 ・中央標本園 シャ…

神仏混合の不思議空間「赤山禅院」

赤山禅院は、888年に慈覚大師円仁の遺命によって創建した天台宗の寺院です。 本尊の赤山明神は、慈覚大師が中国の神、陰陽道祖神(泰山府君)を勧請した天台宗の守護神です。 この地は、京都の東北表鬼門にあたることから、方除けの神として信仰されています…

「修学院離宮」の参観方法とパワースポット「八重垣の石」

以前から一度行って見たいと思ってた京都の不思議なスポット「赤山禅院」に出立。 赤山禅院へ行く途中に、修学院離宮がありました。見学できるか窓口で聞いてみると当日参観も可能でしたが、2時間以上待ち時間があるので、今回は参観を見送りました。 離宮の…

京都の名水「梨木神社」と紫式部で有名な「蘆山寺」を訪れる

鴨川を渡って梨木神社へ 梨木神社の境内にある井戸の水は「染井の水」と呼ばれ、京都三名水の一つとされています。 京都三名水とは、「染井(そめい)」「醒ヶ井(さめがい)」・「県井(あがたい)」 です。現存するのは、「染井の水」だけです。 「染井の…

盆の時期「大谷祖廟」から下鴨神社の納涼古本まつりへ

大谷祖廟は、東本願寺の飛び地境内になります。 真宗大谷派の宗祖 親鸞の墓所です。 お盆で境内までの通り道には屋台が沢山でており、参拝者で賑わっていました。 参拝後、四条通まで行くのに人混みのなか大変でした。 境内には暑さを癒す氷柱が、所々に置い…

大阪夏の陣「真田丸」界隈、三光神社、心眼寺、興徳寺、どんどろ大師へ

大阪の陣で真田幸村が築いた「真田丸」があったといわれる場所は、三光神社と心眼寺界隈とされ、今でも丘陵な自然の地形を残していました。 三光神社がある丘は(宰相西公園)、大阪城の出城である「真田丸」があった場所とされています。 大阪城と地下道で…

上方落語寄席の天満天神「繁盛亭」と天神橋筋商店街

天満天神繁盛亭は、大阪天満宮の北側に位置しています。 この鳥居のすぐ横にありました。 天満天神「繁盛亭」は、上方落語唯一の寄席で、落語を中心に漫才・俗曲などの芸の興行が連日行なわれています。 寄席の営業は朝席・昼席・夜席とあります。 朝席の営…

学問の神様菅原道真公を祀る「大阪天満宮」と「願い玉」

日本三大祭の一つ天神祭り(7月25日)が終わって、大阪天満宮へいきました。 日本三大祭りは、他に京都祇園祭と東京神田祭。 大阪天満宮はの始まりは、奈良時代にさかのぼり、都の西北を守る神として大将軍社という神社を創建されたといわれています。 (大…