読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枚方T-SITEをクローズアップ

2016年12月1日(木)早くも師走になりました。あっという間に1年過ぎましたね。

 枚方市にある「枚方T-SITE」に行ってきました。

枚方T-SITE」とは、枚方蔦屋書店をコアにした約15万冊の本を揃え、ほかにコスメ・フアッション・カフェ・レストラン・銀行など全部で43店舗で構成された関西初の生活提案型の商業施設です。営業時間は7:00~23:00まで利用できます。最寄り駅は、京阪電車枚方市駅」下車南口から歩道橋に出ると見えています。

 本が好きな人や、ゆっくりと時間を過ごしたい人には格好の憩いの場所となっています。

f:id:bingomarisima:20161201100150j:plain

 B1Fはフードマーケットです。惣菜や青果、鮮魚、精肉等の専門店と日配品の店です。スーパーと比べると少し値段は高めですが、スーパーに置いてない品物があり、楽しむことができる。

f:id:bingomarisima:20161201100212j:plain

 1Fは「食マルシェ」。東京や京都で人気のスイーツ店やパンを提供する店、花屋、写真店のほか8,000冊にも及ぶ「食」に関する本が揃っている。(カメラのキタムラ・TONE・スターバックス・PALETAS・gram・錦一葉かふえ・verdeCHIOSCO・TheGroundsBaker・フジマル食堂)

f:id:bingomarisima:20161201100240j:plain

2F「エンターティンメント」はレコード・高級スピーカー・情報家電ほか様々な映像や音楽を体感できるフロアーです。(TSUTAYA、T-SITEApple・カメラのキタムラ・農場ものがたりレストランモクモク)

 

f:id:bingomarisima:20161201100329j:plain

f:id:bingomarisima:20161201100412j:plain

 3F「BOOK&CAFE」は、コーヒーを飲みながらここにある本を読むことができます。また、旅行の提案をしてくれるトラベルカウンターや眼鏡店、少し贅沢な気分になれる文具店がある。ここで勉強している女子高生らしき方を何人か見かけました。

(蔦屋書店、スターバックス、KANEKOOPTICAL、T-TRAVEL)

f:id:bingomarisima:20161201100430j:plain

 吹き抜けのスペースに天井まで続く本棚は圧巻です。

 4Fは「暮らしと美容」のフロアー。マルシェ・美容・ビューティサロン・カバン

アパレル・カフエなどがあります。

 5Fは「子どもと学ぶ」のフロアー。子どもの遊び場があり、親子連れで賑やかな階です。

 6階と7階は三菱東京UFJ銀行りそな銀行が入っています。

 8階はレストランです。(イタリアン、台湾小龍包、日本食梅の花)営業時間は

11:00~23:00

 

f:id:bingomarisima:20161201100522j:plain

 枚方市近くの淀川河川敷に足をのばしてみました。サイクリングロードが続き、市民の憩いの場所となっています。