読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アボカドの水耕栽培②

2016年12月7日(水)

今年9月に根が出てきて、今は葉が18センチほどに伸びてきました。この調子で葉が

50センチぐらいに育ったら、鉢植えにしてあげようかと思っています。楽しみです!

写真のようにアボカドは室内でも水耕栽培で成長するので、観葉植物として育てることができます。日々育っていくのを観察すると、結構うれしいもんです。

f:id:bingomarisima:20161207105924j:plain

f:id:bingomarisima:20161207105951j:plain

アボカドの育て方(水耕栽培)

アボカドはある程度の寒さには、大丈夫です。ただ、乾燥には弱いので気をつけましょう。

アボカドの食べた後の種をよく洗います。(果肉が残っていると水が腐りやすいので)尖っている方を上にして、種が半分ぐらい水に浸かるよう爪楊枝などで刺す。(種には上下があり、平らになっている方から割れて根が出てくる)全部水に浸すと呼吸できなくなり、腐ってしまう。また、水はこまめに替えてやらないと腐ってしまいます。

私の場合は、種が割れてから根が出てきたのが1ヶ月ぐらいかかったかな。

アボカドは、花が咲いても受粉させることが難しく、実がなるまで数年かかるので、食べたいなら買うほうがお手軽です。

アボカドを観葉植物として楽しんでみてください。