読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らしの就職事情

2017年2月6日(月)

 田舎暮らしをしてみたいが、生活の基盤となる「仕事」があるのか心配ですよね。

 そこで田舎の就職事情をご紹介します。

 私たちは、暮らしや働き方をもっと楽しく納得のいくものにしたいと思いながら日々暮らしています。都会の高速道路のような社会から降りて、田舎の自然豊かな環境につつまれてゆっくり歩く道もあります。風と土の匂いや太陽と緑につつまれた田舎暮らしのなかで、見失っていた心や忘れかけていた心を取り戻し、心豊かにしたいというニーズが高まっています。

 しかし生活の基盤となる仕事がないと生活不安に陥るだけでなく、社会的にも大きな損失になります。

 そこで田舎で仕事探しをするための方法についてご紹介します。(都会のように多くはないが、選ばなければ仕事はあります)

①担い手不足の農林漁業の仕事があります。この情報等については、以前にご紹介しています。地産地食

ハローワーク(全国の求人の職種を検索できる)、自治体の就職相談窓口・ホームページ・求人ポータルサイトを利用する。

③起 業ー起業する前に様々な準備をすることが必要です。

(田舎は都会と比べて市場が小さく、物は売れにくいというデメリットがある)

・インターネット:今の時代、スマホとパソコンさえあればどこでも簡単に起業できる時代です。ネット起業に有利なのは経費の安い田舎です。また自然環境豊かで自由なライフスタイルを楽しむことができます。ネット通販、ネットショップなど

・宿泊業(民宿・旅館)、飲食業、もの作り(職人)、専門サービス(健康・教育等)、養蜂

・チャレンジショップ

 新しく商店街の空き店舗に出店する際に、家賃補助等の補助があります。

 各市町村の商工会議所や自治体の起業塾、起業相談会、セミナーや起業の助成制度を利用してみる。

 向こう見ずな起業は、その後の人生に影響を与えかねません。自分の人生のなかで大切なことは何かということを、まずしっかりと考えてみてください。