読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方暮らしの子育て支援

2017年3月6日(月)

 良好な子育て環境の地方に、移住する若い女性が増えているといわれています。

 これは、各地方自治体が人口減少の取組みとして、若い世代を呼び込むために様々な移住支援策を打ち出していることや、都会の閉塞感のなかで不安やストレスを感じている若者がが増えていることから、移住を真剣に検討するきっかけにもなっているようです。また若い世代の価値観も以前と変わってきており、「ゆとり」を求め自然豊かな場所で暮らしたいという若者が増えています。

 しかし移住がブームになっているいま、こうした移住支援をよく吟味し、確認する必要があります。移住のときに高額な助成金を出すだけで終わっているのか、移住者を組み込んだ街づくりや地域交流のフォローがあるのか慎重に見極めることが大切です。

 本日は子育て世代が、地方暮らしの支援情報の紹介です。

 《教育支援の情報》

 まず、国と地方公共団体が支援する「就学支援制度」という制度があります。

 この制度は文科省が行なう、学校教育法で「経済的理由により就学困難と認められる学齢児童・生徒の保護者に対して、市町村は必要な援助を与えなければならない」とされています。

 就学支援制度は、小学校・中学校に通う子どもがしっかりと勉強できるように、文具や教材、給食などの費用を援助してくれる制度です。所得制限がありますが、それほど高いハードルではありません。(所得とは源泉徴収票に記載されている「給与所得控除後の金額」になります)また市町村によって認定基準の所得制限や家族構成、金額が異なりますので市町村の窓口で相談してください。

(例)援助される主な項目

①学用品・通学用品 ②校外活動費 ③新入学児童生徒学用品 ④体操着・水着費

⑤修学旅行費 ⑥通学費 ⑦給食費

 高校生等の就学支援は、高等学校等就学支援金制度があります。

 《自治体の教育支援の例》

 ①広島県神石郡神石高原町

 小学校入学祝金・第1子10万円、第2子20万円、第3子30万円

 ②島根県吉賀町

 UIターン者に子育て支援補助

 保育料・給食費・高校卒業までの医療費などが完全無料

 ③高知県土佐清水市

 土佐清水市奨学金(無利子) 高校生~大学生

 ④北海道西興部村

 村内中学2年生全員を海外研修に派遣する海外研修プログラム

 夏休み10日間、アメリカアラスカ州

 ⑤三重県大紀町

 エンゼル手当て

 第1子10万円~第5子100万円

 ⑥大分県豊後高田市

 子育て用品レンタルーベビーカー、ベビーベッドなど子育て用品

 <ウェルカム>未来の高田っ子応援金 10万円

 ⑦鹿児島県瀬戸内町

 島の外からの留学生に毎月5万円支給

 ⑧高知黒潮町

 町内の中学生を対象にニュージランドに国際交流事業を実施している。

 11日間の日程でホームスティしながら交流を図る。選抜試験で12名を決定、個人負担は4万円です。

 ⑨福岡県八女市

 「やめUIターン子ども応援手当て」

 転入した中学生までの子ども1人当たり3万円支給する。

  《自治体の出産支援の例》

 ①福島県磐梯町

 出産祝金 1人目20万円、2人目30万円、3人目50万円

 ②北海道新冠町

 不妊治療に150万円

 ③茨城県利根町

 出産祝金 第1子5万円、第2子20万円、第3子100万円

自治体の結婚支援の例》

 ①島根県隠岐の島町

 隠岐の島町内で披露宴を行なうことで25万円を交付。また、披露宴内で本町伝統である「孫抱きの儀」を実施することで更に5万円支給する。

 ②高知県土佐市

 婚姻後3年間住む意思があれば10万円支給

 支援制度は、各自治体によって様々な支援を行っています。本日紹介したのはほんの一部に過ぎません。関心のある市町村の情報は、ホームページで確認してください。

 

 末永く住む地を見つけ、移住を決断する時間は平均2年ほどかかるらしいです。