今日のワインはフランスの「ガルイユ 16」1000円~2000円で愉しむワイン選び(№35)

★ガルイユ 16(IGPオード)

原産国 フランス

アルコール度 12%  赤 フルボディ

品 種 マルスラン60%、カラドック40%

マルスランは、カベルネソーヴィニヨンとグルナッシュの交配により最近生まれたブドウ品種です。熟した果実のアロマを感じます。

カラドックとは、フランスのブドウ学者ポールトュルエルによって開発されたブドウ品種。マルベックとグルナッシュの交配種。

生産者コメント

少々酸味がまだ若いですが、しっかりとした果実の甘味と合わさってボリュームのあるアタックとなっています。酸味と果実の甘さの良さがはっきりと感じられ、余韻もなめらかです。

f:id:bingomarisima:20180628100849j:plain

f:id:bingomarisima:20180628100905j:plain

「ワインのかた想い」

色調は鮮やかなガーネット色。ソフトな喉ごしとあっさりとした飲み口に果実の風味を感じる。時間とともに酸味を感じるワインでした。

(ワインの効能)

認知症の予防効果

適量のワインの摂取は、認知機能を維持し、衰えた記憶力を向上させることが研究で示されています。それはワインの中に含まれる酸化防止剤とその他の微生物が関係しているそうです。

ではまた次回お会いしましょう。