読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀬戸内海の絶景、因島の五百羅漢

2016年11月2日(水)

f:id:bingomarisima:20161102113300j:plain

因島白滝山五百羅漢①)

f:id:bingomarisima:20161102113334j:plain

因島白滝山五百羅漢②)

f:id:bingomarisima:20161102113358j:plain

因島白滝山五百羅漢③)

 尾道市因島の白滝山に登ってみました。ここからの眺望は最高でした。因島大橋や瀬戸内海に浮かぶ大小の島々の多島美にホッコリしました。

 写真の五百羅漢は、白滝山の中腹から山頂にかけて様々な姿態と表情を持った約700体の石仏が自然の中にとけこんでいます。五百羅漢と呼ばれるこの石仏群は1830年柏原

伝六とその弟子たちによって作られたそうです。

 頂上には6メートルの自然石多宝塔や当山随一の釈迦三尊、等身大の十六弟子像など大小無数の石像が並んでいました。また、触れると恋がかなうという伝説がある「恋し岩」というのがあるらしい。駐車場から山頂まで少し歩きますが、観光客もほとんどおらず、絶景を独り占めできましたよ。他にもパワーポイントが数多くあるようですので、機会あらばご紹介します。