国宝「岩清水八幡宮」で森林浴を楽しむ②

高良社に参拝した後、二ノ鳥居をくぐり表参道を進むと、途中に松花堂跡岩清水井岩清水社があります。

f:id:bingomarisima:20170919114400j:plain

 参道を歩いていくと、9月も中頃だというのにこの地では、いまだに蝉の鳴き声が聞こえてきます。

f:id:bingomarisima:20170919114446j:plain

 松花堂跡は、松花堂弁当の名前の由来となった岩清水八幡宮の社僧・松花堂昭乗の晩年の住居跡です。

f:id:bingomarisima:20170919114516j:plain

 岩清水井・岩清水社は、冬に凍らず夏に涸れない霊泉「岩清水」が湧き出る岩清水八幡宮の名前の由来となった場所です。

 三ノ鳥居に到着すると、御神馬舎が目に入ります。以前は白馬が居ましたが、現在は厩舎のみ残っていました。

f:id:bingomarisima:20170919115036j:plain

(御神馬舎)

f:id:bingomarisima:20170919114855j:plain

(一つ石)

f:id:bingomarisima:20170919115123j:plain

 鳥居をくぐると、石畳の参道が続き、見逃してしまいがちですが、「一つ石」と呼ばれる石が参道にあります。この石は、かつては競馬の出発点であり「勝負石」とも呼ばれる勝運の石です。手に触れて願ってください。

 この参道の先には、南総門が見えてきます。

f:id:bingomarisima:20170919115220j:plain

 (手水舎)

f:id:bingomarisima:20170919115251j:plain

 竃神殿(そうじんでん)

 南総門の西側に竃神殿という末社があります。竃(かまど)の字からもわかるように台所守護のご利益を授けてくれます。

f:id:bingomarisima:20170919115401j:plain

南総門

f:id:bingomarisima:20170919120300j:plain

南総門を抜けると、本殿へと広い境内が続いています。南総門から本殿を見ると少し西側に向いているのがわかります。これは、参拝した帰りに神様に背を向けないため、そのように造られているといわれています。

楼門

f:id:bingomarisima:20170919120408j:plain

f:id:bingomarisima:20170919120421j:plain

御神鳩

f:id:bingomarisima:20170919120440j:plain

f:id:bingomarisima:20170920113027j:plain

楼門の奥、本殿に秋祭りの神輿がお払いを受けていました。

 

本殿

f:id:bingomarisima:20170919120501j:plain

本殿右の廻廊を行くと若宮社・若宮殿社があります。

若宮社は、祈願成就・学業成就の御神徳があり、男性の守護神とされています。

若宮殿社は、祈願成就・心身健康の御神徳があり、女性の守護神とされています。

f:id:bingomarisima:20170919115841j:plain

信長塀

f:id:bingomarisima:20170919115947j:plain

織田信長が寄進したと伝わる瓦と土を幾重にも重ねることにより、銃撃や耐火性・耐久性に優れた塀といわれています。

住吉社

f:id:bingomarisima:20170919120755j:plain

校倉

f:id:bingomarisima:20170919120703j:plain

楠正成公の楠

f:id:bingomarisima:20170919120028j:plain

楠正成が必勝祈願参拝の際に奉納した樹齢700年になろうかといわれる御神木。

エジソンの碑

f:id:bingomarisima:20170919121448j:plain

岩清水八幡宮の竹を使って白熱電球の長時間点灯と実用化に成功したことから記念碑が建てられています。

展望台から見れる絶景

f:id:bingomarisima:20170919121300j:plain

f:id:bingomarisima:20170919121229j:plain

 遠くには京都タワーが見れます。

 帰りは裏参道を歩いて帰りました。

f:id:bingomarisima:20170919121831j:plain

途中に竹雨水(ちくうすい)という湧水がありました。

f:id:bingomarisima:20170919122030j:plain

鬱蒼とした男山山上の岩清水八幡宮を参拝し、心身ともにリフレッシュできました。

国宝「岩清水八幡宮」で森林浴を楽しむ

岩清水八幡宮は、平成28年2月9日国宝に指定されました。

 

アクセス

京阪電車八幡市駅」下車 ケーブル利用徒歩約5分

または表参道・裏参道から徒歩約30分

JR・近鉄「京都駅」から近鉄電車「丹波橋駅」またはJR「東福寺駅」にて京阪電車に乗り換え(京都駅から約30分)

 岩清水八幡宮は、京都の裏鬼門(西南の方角)を守護する王城鎮護の神、伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟として天皇や朝廷から篤く祟敬されてきました。

 また武運長久の神として源氏をはじめ全国の武士の尊崇を集めてきました。

 近年では、パナソニックの「経営の神様」といわれた松下幸之助氏が深く信仰していたことが知られています。

 国家鎮護・厄除開運必勝・交通安全・安産・病気平癒のご利益があることから全国から参拝者が訪れています。

 岩清水八幡宮は、鎌倉の鶴岡八幡宮、大分の宇佐八幡宮とともに日本三大八幡宮といわれています。

 京阪八幡市駅を降りてすぐに岩清水八幡宮頓宮殿があります。

f:id:bingomarisima:20170918174203j:plain

f:id:bingomarisima:20170918174226j:plain

頓宮とは、祭神や天皇の旅先の住居にあたり、毎年9月15日、勅祭岩清水祭においてわずか半日間のみ滞在するところ。山上の本殿より御神霊が御遷しされる重要な社殿です。

f:id:bingomarisima:20170918180534j:plain

f:id:bingomarisima:20170918174315j:plain

(9月15日の勅祭岩清水祭の頓宮殿の様子)

 頓宮の一ノ鳥居には、扁額「八」の字が神使の双鳩になっています。これは、藤原行成の書を松花堂昭乗が書写したものです。

 

 岩清水八幡宮の鳩の由来は、宇佐八幡宮から岩清水八幡宮八幡神を勧請した際に白い鳩が道案内をしたと伝えられ、以来「鳩」は神様の使いとして大切にされてきました。

頓宮のすぐそばには、「高良神社」があります。

f:id:bingomarisima:20170918174413j:plain

f:id:bingomarisima:20170918174505j:plain

f:id:bingomarisima:20170918174537j:plain

(御神木)

高良神社といえば、徒然草に出てくる有名な話があります。

昔、仁和寺の僧侶が、岩清水八幡宮に参拝したことがないのを苦にしていたが、ある日思い立って岩清水八幡宮に向かった。男山山麓極楽寺、高良神社を参拝して、これがあの有名な岩清水かと早合点して岩清水八幡宮の本社のある男山に登らずに帰った。京に帰って同僚の僧に「長年の念願をやっと果たすことができた。すばらしく感動した。

ところで沢山の人が山へ登るのを見ましたが、神社を参拝するのが目的でしたから山には登りませんでした」といったお話です。

 

次回は、山上までの参道から本社をご案内します。

 

 

 

ライオン橋から中之島公園バラ園、そしてフランス料理を舌鼓  

難波橋(ライオン橋)は京阪電車「北浜駅」下車徒歩1分

f:id:bingomarisima:20170907114648j:plain

f:id:bingomarisima:20170907114753j:plain

ライオン橋は、大阪市の大川に架かる橋です。

中之島を挟んで土佐堀川堂島川の二つの川を渡る全長約190mの橋です。

橋詰の4箇所に阿(あ)吽(うん)のそれぞれ2体の石造りのライオン像が橋を護っています。

(ライオン橋を通る水上バス

f:id:bingomarisima:20170907115707j:plain

ライオン橋を渡ると、中之島公園バラ園が中州にあります。

中之島公園バラ園)

f:id:bingomarisima:20170907115840j:plain

f:id:bingomarisima:20170907115902j:plain

f:id:bingomarisima:20170907115919j:plain

 バラ園の開花時期、春と秋の季節を外れており、残念ながらバラの花はほとんど見ることはできませんでした。

 中之島公園は、堂島川土佐堀川に挟まれた全長約1.5kmの公園で、入園料は無料です。

 バラ園は、約310種、約3,700株のバラが植栽されています。

 このバラ園の特徴は、バラの歴史を巡るパッチワーク式花壇を中央に、それを取り囲むようにバラを配置しています。

 

f:id:bingomarisima:20170907121313j:plain

宮城県の「一ノ蔵」の発泡清酒「すず音」の食前酒、甘酸っぱいシャンパンのようでした。関西では手に入りにくいかと思いますが、是非一度賞味してください。

f:id:bingomarisima:20170907121520j:plain

f:id:bingomarisima:20170907121400j:plain

f:id:bingomarisima:20170907121628j:plain

f:id:bingomarisima:20170907121644j:plain

f:id:bingomarisima:20170907121702j:plain

夜に、ワインとフランス料理をいただきました。

値段と味、両方とも大満足でした。

 

 

女性の守り神「市比賣神社」のご利益

「市比賣神社」の御祭神は、多紀理比賣之命(たぎつひめのみこと)、市寸嶋比賣之命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比賣之命(たぎつひめのみこと)、神大市比賣之命(かみおおいちひめのみこと)、下光比賣之命(したてるひめのみこと)の五柱で、全て女性の神様を祀っている、全国でも珍しい神社です。

 それで女性の守り神とされ、女性の全ての願い事にご利益があるといわれています。

 特に女性の厄除けの神様として全国から参拝者が訪れます。

 皇后陛下が「女人厄除け祈祷」をお受けされたことでも有名です。

f:id:bingomarisima:20170905120246j:plain

f:id:bingomarisima:20170905121801j:plain

 境内にある「天之真名井(あめのまない)」は洛陽七名水の一つとされ、このご神水を飲み、手を合わせれば願い事が一つ叶うとされる「一願成就の井戸」として信仰されています。

 この井戸の上にずらりと並ぶダルマは、「姫みくじ」と呼ばれ、中におみくじが入っているダルマ形の人形です。

 また女優の羽田美智子さんが、「することなすことうまくいった」と持っているといいことが続いて起きたと紹介したことから、人気に火がついた守り「ハッピーカードお守り」があります。1枚800円(名前を書いてもらうので5分ほどかかります)

f:id:bingomarisima:20170905120313j:plain

f:id:bingomarisima:20170905121833j:plain

(ハッピーカード)

京都を訪れる女性は、折角の機会を逃さず、参拝されることをお薦めします。

アクセス

 JR京都駅より徒歩約15分

 京阪電車「五条」徒歩約5分

 地下鉄烏丸線「五条」徒歩約10分

 

今日は、京都駅周辺の評判の店「きさいち」へ行きました。

店は分かりにくい場所です。5時開店ですが、すぐにお客でいっぱいになってしまいました。カウンターだけのお店です。

f:id:bingomarisima:20170905122416j:plain

f:id:bingomarisima:20170905122430j:plain

マグロとイカの刺身、生うに 刺身は盛合せを頼もうと思ったんですが、量が多いので単品で注文するように店から言われました。刺身や生うには、写真を撮るのを忘れて、ついつい食べてしまいました。まぐろは京都で食べたことのない美味でした。

f:id:bingomarisima:20170905122451j:plain

だしまきとアジのフライ

f:id:bingomarisima:20170905122504j:plain

なめろう)ご飯が欲しくなります。

 

 

 

 

秀吉を祀る「豊国神社」と豊臣家滅亡の因となった「方広寺の釣鐘」

京阪電車七条駅」を下車して徒歩約10分、有名な三十三間堂の北側に「豊国神社」があります。

豊国神社は、豊臣秀吉を祀る神社です。あまり観光客に知られていないのか、静かな所でした。

豊臣家が滅亡した後、徳川幕府の命令により廃祀され、のちに明治天皇の勅命により復興されました。

国宝となっている唐門は、西本願寺大徳寺の唐門と合わせて「国宝の三門」と呼ばれています。

唐門に施された鶴の彫刻は「左甚五郎の目無し鶴」と称され、目を入れると飛び去ってしまう恐れがあるため、あえて目を入れていないといわれています。

これは、一見の価値があります。

f:id:bingomarisima:20170904110130j:plain

f:id:bingomarisima:20170904110313j:plain

(手水舎)

f:id:bingomarisima:20170904110200j:plain

f:id:bingomarisima:20170904110221j:plain

f:id:bingomarisima:20170904110902j:plain

(拝殿)

ご利益は、出世開運の神様として信仰されています。

また境内には、ひょうたんの形をした絵馬や、ひょうたんの栽培が行われていました。

f:id:bingomarisima:20170904110407j:plain

境内の北側には、「槇本稲荷神社」があり、槇本稲荷大明神を祀っています。

もとは熊野若王子神社から移された鎮守社です。

ご利益は、商売繁盛・家内安全です。

f:id:bingomarisima:20170904110541j:plain

f:id:bingomarisima:20170904110440j:plain

毎月8日には、境内で市が開かれているそうです。毎月18日には、骨董のフリーマーケットもやってるそうです。

豊国神社に隣接して、方広寺があります。

方広寺は、豊臣家滅亡の原因となる「国家安康」の梵鐘があります。

「国家安康」「君臣豊楽」を家康の名を引き裂いて呪詛するものと言いがかりをつけ、大阪の陣へとつながっていったとされています。

 この釣鐘は、奈良の東大寺知恩院方広寺と日本三釣鐘として、重要文化財に指定されています。

また、鐘楼の天井画は歴史を感じさせるものでした。

f:id:bingomarisima:20170904110625j:plain

f:id:bingomarisima:20170904110648j:plain

f:id:bingomarisima:20170904110701j:plain

日本サッカーのシンボル「八咫烏」(やたがらす)と「能」発祥の地「新熊野神社」

 JR奈良線京阪電車東福寺」駅を下車し、約15分ほど北に行くと「新熊野神社が位置しています。

 「新熊野」と書いて「いまくまの」と呼びます。

f:id:bingomarisima:20170902143006j:plain

f:id:bingomarisima:20170903164948j:plain

 この神社は、後白河上皇平清盛に命じ、熊野の神を勧請した神社です。

 境内の大樟は、熊野より移植した後白河上皇の手植といわれ、樹齢900年になる大樟です。

 この大樟は、お腹の神様として親しまれています。

 また境内にある「さすり木」は、安産のご利益があるといわれ、多くの人にさすられています。

f:id:bingomarisima:20170902143053j:plain

f:id:bingomarisima:20170902143110j:plain

 

 新熊野神社は、能楽の発祥の地として知られています。

 足利三代将軍の面前で、能楽の祖観阿弥世阿弥父子が「猿楽」を演能したことから、2人観阿弥世阿弥と名乗らせることとなった機縁の地です。

 

八咫烏(やたがらす)の由来は、日本統一を成し遂げた神武天皇の軍隊を熊野から大和へ導きいれる道案内の役割を果たしたと伝えられています。 

熊野神社の御神鳥の八咫烏(やたがらす)は、「太陽の使者」ともいわれ、三本の足があります。この三本の足は、天・地・人をあらわしています。

また勝利へと導く神としてスポーツ界で注目されています。

日本サッカー協会のシンボルとして有名な八咫烏は、神武天皇の故事に習い、ボールをゴールに導くようにとの願いが込められています。

 

熊野神社の御神木「椥(なぎ)の木」は、災いをなぎ払うといわれ、平和を招来するといわれています。

また梛の葉は、切れにくいことから縁結び、二つ並んで実をつけることから夫婦円満のご利益があるとされています。

f:id:bingomarisima:20170902143154j:plain

この新熊野神社のほか熊野神社、熊野若王子神社を併せて「京都三熊野神社と呼ばれています。

 奈良県宇陀市には、「八咫烏神社」があります。

 

青もみじの「東福寺」でマイナスイオンを満喫

京阪電車東福寺」下車して約5分歩くと、「退耕庵」というお寺がありました。

 このお寺は、明治維新伏見の戦いの防長殉難者の菩提所でした。

 また小野小町ゆかりの「玉章(たまずさ)」の名で知られています。

f:id:bingomarisima:20170901154245j:plain

f:id:bingomarisima:20170901154306j:plain

退耕庵から約3分ほど歩くと、東福寺の塔頭である同聚院があり、不動明王が祀られています。これは、定朝の父・康尚の作といわれ、藤原道長が旧法性寺に建立した五大堂の中尊と伝えられています。

「じゅうまん不動さん」として火除け像として信仰されています。

 

f:id:bingomarisima:20170901161318j:plain

(同聚院)どうじゅいん

f:id:bingomarisima:20170901161332j:plain

さらに参道を歩いて行くと、「臥雲橋」が現れます。

東福寺には、広大な境内に北谷(偃月橋)・中谷(通天橋)・南谷(臥雲橋)の三つの渓谷を取り入れた東福寺三名橋」と呼ばれる三つの橋があります。

f:id:bingomarisima:20170901164534j:plain

参道

f:id:bingomarisima:20170901155909j:plain

(臥雲橋)

 臥雲橋を渡ると、東福寺の境内に入ります。いきなり大きな本堂が目に入ります。

 東福寺は、関白九條道家が祖父の菩提寺として創建したお寺です。

 東福寺の名前の由来は、奈良の東大寺興福寺から一字ずつとり、「東福寺」と

名付けられました。

東福寺本堂は、春に公開される猫のいる大涅槃図で知られています。

f:id:bingomarisima:20170901170703j:plain

(本堂)

 秋の紅葉シーズンには、1日数万人が訪れるスポットですが、夏は、そんな混雑からは離れた、落ち着いた京都の風情を楽しむことができます。

 「東福寺三名橋」から望める青もみじは、絶景をゆっくり散策できます。

 特に紅葉で混雑する秋と違い、夏の通天橋は、観光客も少なくお薦めです。

 通天橋は、本堂(仏殿)と開山堂をつなぐ廊橋です。ここから眺める紅葉と新緑は絶景といわれています。

f:id:bingomarisima:20170901165136j:plain

f:id:bingomarisima:20170901165214j:plain

f:id:bingomarisima:20170901165308j:plain

f:id:bingomarisima:20170901165347j:plain

f:id:bingomarisima:20170901165559j:plain

f:id:bingomarisima:20170902214308j:plain

f:id:bingomarisima:20170901165904j:plain

(愛染堂)丹塗りの柿(こけら)葺き八角円堂。愛染明王を祀る。

 通天橋を渡った先にある「開山堂」があります。正面には枯山水、サツキと緑豊かな庭園を楽しむことができます。

 1280年入定の聖一国師を祀る。普門院前の庭園は江戸中期の名園です。

 

 

f:id:bingomarisima:20170901171513j:plain

f:id:bingomarisima:20170901171804j:plain

(普門院)に腰掛けて見事な庭園を楽しむことができます。

本堂の奥には、現存する日本最古最大の「三門」があります。

大仏様を思わせる室町初期の再建。

f:id:bingomarisima:20170901173032j:plain

f:id:bingomarisima:20170901173048j:plain

昭和の名作庭家・重森三玲の作。「八相の庭」と命名され、近代庭園の傑作といわれる方丈の庭園があります。

f:id:bingomarisima:20170901173954j:plain

この方丈の庫裏を奥に進むと、三ノ橋川上流に架かる、東福寺三名橋の一つ「偃月橋」(えんげつきょう)があります。

f:id:bingomarisima:20170901174638j:plain

1347年に再建された。日本最古最大の禅道場です。

f:id:bingomarisima:20170901175039j:plain

(禅堂)

禅堂の北側には、経蔵と殿鐘楼があります。

f:id:bingomarisima:20170901180126j:plain

 

東司は、すなわち便所のことです。

f:id:bingomarisima:20170901175326j:plain

f:id:bingomarisima:20170901175346j:plain

(東司)用便にも厳しい作法が定められていたそうです。

f:id:bingomarisima:20170901175559j:plain

(浴室)東大寺の湯屋に次いで古い浴室。蒸し風呂形式です。

 

 三門の奥にある、五社成就宮にお参りしてきました。

 五社成就宮は、東福寺の鎮守社として岩清水八幡、賀茂、稲荷、春日、日吉の五社を祀るので五社明神社といわれています。

f:id:bingomarisima:20170901180347j:plain

f:id:bingomarisima:20170901180401j:plain

f:id:bingomarisima:20170901180422j:plain

鐘楼

東福寺は、とにかく広い境内で、見どころも多く、観光時間は1時間以上はかかかります。ゆっくりと観光したいのであれば、秋の紅葉シーズンを除く時期もありかな。

 

 アクセス

 JR京都駅からバス 徒歩 約15分

 JR奈良線 「東福寺」徒歩 約10分

 京阪電車  「東福寺」徒歩 約10分

 拝観料 通天橋  一般400円

     方丈庭園 一般400円