京都の宇治は平等院だけじゃない!「宇治神社・宇治上神社」もあるよ。

宇治神社平等院の地主神として祀られていた神社です。

宇治神社は、明治維新まで隣接する宇治上神社と共に二社一体で、それぞれ離宮明神上社・下社と称した。

f:id:bingomarisima:20171122121807j:plain

紅葉

f:id:bingomarisima:20171122121727j:plain

祭神は菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)」応神天皇」「仁徳天皇

f:id:bingomarisima:20171122121957j:plain

(拝殿前にある学問の神様 智恵の輪を潜って、稲穂の実のように沢山の智恵を授かり、実りある生活を送れるように参拝)

菟道稚郎子応神天皇の皇太子でしたが、兄である「大鷺鷯尊(おおさざきのみこと)後の仁徳天皇」と皇位を譲り合い、入水自殺して兄に皇位を譲ったと伝えられています。その後、仁徳天皇によって神霊を祀ったのが宇治神社の始まりとされています。

f:id:bingomarisima:20171122122252j:plain

f:id:bingomarisima:20171122122311j:plain

(桐原殿)

アクセス

京都府宇治市宇治山田1

平等院宇治川を挟んだ対岸にあります。拝観無料

京阪宇治線宇治駅」下車 徒歩約10分

JR奈良線宇治駅」下車 徒歩約15分

f:id:bingomarisima:20171122121525j:plain

(兎の手水舎)宇治七名水の一つ桐原水

f:id:bingomarisima:20171122121540j:plain

神使の兎の由来「みかえり兎」

菟道稚郎子がこの場所に住まいを定め、河内の国からの途中、道に迷い困っていると兎が現れ、振り返り振り返り先導したと伝えられています。

また、菟道という字を「うぢ」と読み、後に「宇治 うじ」となったといわれています。

f:id:bingomarisima:20171122121444j:plain

(みかえり兎のお守り 中におみくじが入っています)

宇治神社の境内には、百人一首で有名な「喜撰法師の歌碑」があります。

「わが庵は 都のたつみ しかぞ住む 世をうぢ山と 人はいふなり」

f:id:bingomarisima:20171122121213j:plain

f:id:bingomarisima:20171122123729j:plain

表情が笑っているような珍しい狛犬像がありました

f:id:bingomarisima:20171122122547j:plain

小さな境内ですが平等院のそばにあるからか、平日でも外国人の観光客や参拝者が結構いましたが、ゆるりと見学できます。開運や学問の神様としてご利益がある。

 

では次回宇治上神社をご紹介します。

 

 

 

 

今日のワインはチリの「カーラ カベルネソーヴィニヨン」1000円以下で愉しむワイン選び(№22)

★カーラ カベルネソーヴィニヨン

原産国 チリ 赤 ライトボディ

アルコール度 12.5%

品 種 カベルネソーヴィニヨン

f:id:bingomarisima:20171121102051j:plain

カシスやオーク由来のスパイス香が特徴的。干しブドウにリコリスとミントのハーブ系の香りが加わった、しっかりとした骨格のタンニンが楽しめます。

ローストチキンや煮込み料理に合います。

「ワインのかた想い」

あっさりすっきりしている中に、タンニンが程よく、コクも感じられる。

この値段にしては、十二分に愉しんで飲めるワインでした。

「やまや」で400円で買えるワイン。

ラベルの絵は以前マントヒヒの絵柄でした。

(ワインの知識)

熟成香

熟成したワイン特有の香り。ドライフルーツやドライフラワー腐葉土などの香りがある。

では次回またお会いしましょう

 

今日のワインはオーストラリアの「リトルペンギン カベルネソーヴィニヨン」1000円以下で愉しむワイン選び(№21)

オーストラリアのカベルネソーヴィニヨンは

ヨーロッパのカベルネソーヴィニヨンに比べてより果実的で、よく熟した果実の甘さの香りとスパイス香、それに負けない木樽の香ばしさがバランスよく保られている。

味わいは果実の凝縮感があり、おおらかで大胆な旨味を感じる。

f:id:bingomarisima:20171120104338j:plain

f:id:bingomarisima:20171120104351j:plain

★リトルペンギン カベルネソーヴィニヨン

原産国 オーストラリア 赤 ミディアムボディ

アルコール度 13.5%

品 種 カベルネソーヴィニヨン

素晴らしいルビーレッド色で新鮮な赤いベリー系果実の香り、柔らかなタンニンといきいきとした果実味が口の中に広がります。

「ワインのかた想い」

凝縮した果実味とタンニンのバランスが良く、喉にしっとりと通過する飲み心地でした。同じリトルペンギンのピノノワールやシラーズと比べて最も飲みやすいと感じました。

肉料理や濃厚なパスタに合いました。

コルクの栓にかわいいリトルペンギンの足跡がついていました。

f:id:bingomarisima:20171120110729j:plain

(ワインの知識)

ヴィンテージ・イヤーとは、ワインの優良年。

バニラーラン科の常緑つる草。未熟の果実から食品用の甘い香りの香料をとる。

 

京都おもしろ発見!大山崎の「油の神様を祀る離宮八幡宮」へ行く

離宮八幡宮は、京都府乙訓郡大山崎町に位置する神社です。この八幡宮は岩清水八幡宮の元社にあたり、八幡大神を祭神とする。

f:id:bingomarisima:20171118214838j:plain

(東門)

アクセス

京都府乙訓郡大山崎町大山崎西谷21-1

阪急電車大山崎駅」下車 西へ100m

JR「山崎駅」下車 スグ

f:id:bingomarisima:20171118215014j:plain

f:id:bingomarisima:20171118215429j:plain

f:id:bingomarisima:20171118215357j:plain

手水舎

f:id:bingomarisima:20171118215613j:plain

f:id:bingomarisima:20171118215637j:plain

f:id:bingomarisima:20171118215657j:plain

平安時代初期に清和天皇が神託により、国家安泰を願い大分・宇佐神宮から分霊し、平安京の守護神として安置した。

その時派遣された僧行教が、宇佐から都へ向かっていたとき、山崎の地で不思議な光を見て、その場所を掘り起こしてみた。すると岩の間から清らかな水が湧き出てきたのです。そこで859年清和天皇はこの地に「岩清水八幡宮」を建立することで京の安全を祈願したのです。

その後、岩清水八幡宮は山崎から見て淀川の対岸にある男山に移され、山崎の八幡宮は名前を変えて「離宮八幡宮」と呼ばれるようになりました。

f:id:bingomarisima:20171118214615j:plain

「油祖像」

f:id:bingomarisima:20171118214629j:plain

(全国油脂販売業者共通の店頭標識)

また離宮八幡宮は、荏胡麻(えごま)油発祥地で油の製造と販売の中心「油座」として栄えました。

平安時代の後期にこの神社に仕える神官が、寺社で使う灯明用の荏胡麻油を大量生産できる「長木」を発明し、離宮八幡宮を本所として全国に広まり大いに栄えた。

その後菜種や綿実の製油が興り、急速に離宮八幡宮の油座は衰退していった。

f:id:bingomarisima:20171118215852j:plain

(神馬の像)

JR山崎駅スグのところにあります。境内は結構広くて、駐車場にも使われているようです。参拝者は誰もいませんでした。

今日のワインはオーストラリアの「リトルペンギン シラーズ」!1000円以下で愉しむワイン選び⑳

オーストラリアのブドウ品種シラーズ

オーストラリアでは、ラベルに品種表示したブドウは85%以上使用しなければいけません。香りはシラーの特徴でもある香辛料よりも、果実の香り・チョコレートのような香。フルーティで、厚みのあるワインです。

f:id:bingomarisima:20171117105706j:plain

f:id:bingomarisima:20171117105725j:plain

★リトルペンギン シラーズ

原産国 オーストラリア 赤 ミディアムボディ

アルコール度 13.5%

品種 シラーズ

力強く輝きのある明るく鮮やかな赤紫色の色合い。チョコレートやスパイスの香、そしてジューシな苺のアロマが溢れます。

バーベキュやチーズの料理に合います。

「ワインのかた想い」

酸味はあまり感じない分渋味を感じるが、時間がたつほど空気にふれ甘味を感じるワイン。

後味はすっきりしていて、飲みごたえのあるワインでした。

同じリトルペンギン ピノ・ノワールを№⑥で紹介しています。是非飲み比べしてください。

(ワインの知識)

樽香

樽の熟成によってつけられた香り。赤ワインの場合、バニラ・焼いたスパイス、その他香辛料の香りを添加する。

アメリカの樽やフランスの樽によって香りが変わる。フランスの樽が最もバニラ香を付ける。

ではまた次回お会いしましょう

京都おもしろ発見!「源義経ゆかりの西陣にある首途(かどで)八幡宮」に行く

京都西陣源義経ゆかりの「首途八幡宮」があります。

首途八幡宮のもとの名は「内野八幡宮」といい、大分・宇佐八幡宮より勧請して祀られた八幡宮です。

京都市上京区智恵光院通今出川上桜井町102-1

アクセス

市バス 「今出川大宮」下車 徒歩約5分

地下鉄 「今出川」下車 徒歩約15分      拝観自由

源義経平氏からの難を逃れるため、金売吉次の手引きで鞍馬山から奥州平泉の藤原秀衡のもとへ逃げて行く際に、道中の安全を祈願して、この八幡宮に立ち寄りました。

 金売吉次(かねうりきちじ)とは、奥州で産出される金を京で商うことを生業としていた伝説の商人です。

f:id:bingomarisima:20171116110112j:plain

鳥居をくぐると細長い境内が続き、「源義経奥州首途之地」と書かれて石碑があります。

f:id:bingomarisima:20171116110023j:plain

f:id:bingomarisima:20171116110043j:plain

本殿の前に、八幡宮の神の使いとして崇敬される鳩の手水舎があります。

f:id:bingomarisima:20171116105850j:plain

それゆえ、「岩清水八幡宮」や「鶴岡八幡宮にも八幡宮のシンボルとして鳩が祀られています。

f:id:bingomarisima:20171116105928j:plain

旅行安全の神様、方位の神様として古くから崇敬を集めています。

小さな八幡宮です。隣が公園で春には、桃や桜が見られるそうです。

私が行ったときには参拝者は一人もいなくて、ひっそりとした穴場の名所です。

今日のワインはチリの「エスパシオ メルロー」!1000円以下で愉しむワイン選び⑲

エスパシオ メルロー

原産国 チリ  赤 ミディアムボディ

アルコール度 13%

品種 メルロー

f:id:bingomarisima:20171115102512j:plain

f:id:bingomarisima:20171115102529j:plain

黒胡椒の香りを伴う、完熟した赤果実やプラムのアロマ(果実香)に甘味がある滑らかなタンニンを感じさせる。

ローストビーフやグリルドポーク、パスタ料理に合います。

「ワインのかた想い」

イオンでチリの500円以下のワインでした。色は濃い赤紫色。香り、酸味、コクともあまり感じられなかった。そのぶんタンニン(渋味)を強く感じます。

よく言えばあっさりしたワイン。

(ワインの知識)

トースト感

トーストされた樽で熟成されたワインが持つ味わい。

フィニッシュに焼いたキャラメルの香りを感じることができれば、トーストの香りがあると表現されます。

 では次回またお会いしましょう。